Home 暗号プロセッサ OpenICF3


サポート

連絡先にあるメールか、ツイッターでサポートします。なるべく身元のわかるメールアドレスやツイッターアカウントでお願いします。



FAQ

鍵が危殆化(漏洩)したら?

基本的には証明書の再発行はしないのですが、明らかに危殆化(漏洩)した 場合は再発行します。ただ危殆化したサイトデータを利用者が誤って 使ってしまうこともあるため再発行をするくらいなら、別のドメイン名で 新規発行するほうがいいかもしれません。


OSの証明書ストアって何?

Microsoft Windowsが電子証明書をHDD/SSD上に安全に保管する仕組み


このサイトのアイディア、パクっていい?

許可しません。


PGPのほうが良くないですか?

PGPは配布されるソフトウェアごとに鍵を管理しなければならず安全が十分に確保されません。 当サイトは「DetachSign.exeで検証する」という1つのことだけを覚えればよく、 DetachSign.exeには本物のコードサイニング証明書で署名されているため安全なのです。 その際、署名者が『iCanal Inc.』であることを確認してください。


このようなサイトは信用がないとできないのでは?

検証の結果については当サイトに悪意があれば誤ることはあります。 しかしながら署名データを別ファイルとしているため誤判定以外の損害がでない方法があるので、 多くの人に利用していただいても問題になるようなことはないと考えています。 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

検証専用のサイトとドメインが異なるけど

このサイトとは別のレンタルサーバーの会社を使っているためです。 同じドメインを使うこともできましたが、それでは同じパソコンで管理することになるのです。 このサイトと検証専用サイトの2つのサイトを同時に不正アクセスされる問題を回避し、より一層のセキュリティ向上のため。